Powerd by Personal Energy made in KOBE

世界遺産である沖縄県中城城跡にてメインステージの全電力をパーソナルエナジーで供給した最高音質のオフグリッドライブ開催。

2015年3月21日(土)、世界遺産である沖縄県中城城跡で、弊社が開発した独立電源システム「パーソナルエナジー」によって、メインステージの全電力を供給した「GUSUKU ROCK FES 2015」が開催されました。
世界遺産でのフェス開催は国内初の試みであり、中城村、北中城村のご協力の下、前日のリハーサルから撤収までに必要となったすべての電力は、現地のモバイル太陽光モジュールによって生み出された電力を使用しました。

オフグリッドトランスポーター
GUSUKU ROCK FESの様子

オフグリッドの電力とは?

オフグリッドとは、商用電力、電力会社から切り離された独立した電力システムのことで、消費する場所で電気を生み出す、最も効率の良い発電システムです。
通常の野外フェスはディーゼル発電機や商用電力を多用しますが、「GUSUKU ROCK FES 2015」では「足るを知る」をテーマに、その場所でつくられた限り有るエネルギーを、その場所にいる人全員でシェアすることを目的として電力を設計。
パーソナルエナジーを繋げたOFF GRID to GRIDシステムを搭載したオフグリッドトランスポーターを使用し、中城城跡に設置された240枚のモバイルソーラーパネルから生み出される、わずか8家庭分の電力・36kwでステージシステムを運営しました。

中城城跡に設置された240枚のモバイルソーラーパネル
独立電源システム「パーソナルエナジー」によって照らされた世界遺産る沖縄県中城城跡
オフグリッドトランスポーター
OFF GRID to GRIDシステムの監視画面

パーソナルエナジー システム構成

全てのAC(交流)出力は通信機器用、テレコムインバーターによる、電圧変動のない正弦波にて供給。さらに、音響システムへの給電は、よりクリアなサウンドを実現するため、世界で初めてDC(直流)配電、DC- BUSを行っています。このシステムにより、急激な負荷ピークによる電圧変動を、わずか1V以内に吸収しています。

パーソナルエナジーシステム構成図

出力 音響出力…DC-BUS出力 100A/60V 2基
照明出力…60A/100V 3基
ステージシステム…60A/100V 1基
入力 モバイルソーラーパネル CIGS110W
モジュール240枚 26.4kw
電源容量 オリビン酸リン酸鉄リチウムイオンバッテリー 144kwh

野外フェスなどの電源は、通常、三相4線での配電を求められ、多くが発電機や高圧キュービクルから低圧に変圧して給電することを前提として配電設計されています。三相3線や4線が元々、工場などでモーターを動かすための電源種であり、動力と呼ばれる由縁です。
相間の電圧はAC200Vですが、相間の負荷のバランスで電圧は大きく変動します。当然、音質や光量に影響しますから、この対策を行うために、通常は高めの電圧で配電します。

パーソナルエナジーのカスタムモデルは全ての電源種が出力可能ですが、単相2線、AC100Vまたは200Vでの正弦波出力が、音楽には最適だと考えます。そして何よりも重要なのは、急激な負荷の変化があっても、電圧が降下しないシステムです。 音響機器や照明機器はどんどんデジタル化しており、デリケートな安定した電源が不可欠になっています。真空管アンプなどのアナログ機器であれば、なおさら安定した電源が必須です。私たちはエコでもイデオロギーでもなく、オフグリッド電源システムが、音楽には最適だと考えます。

足るを知る

私たちが毎日使う電気や身の回りの消費財の全ては、今や電力無しでは成り立ちません。電力エネルギーに大きく依存している今の日本、私たちの暮らしは、大きな転換点に立っています。
私たちは、必要、あるいは、浪費している電力の全てを化石燃料や原子力に依存して賄うことへの疑問と、同時に解決方法を示すことができればと考えています。

その電力は本当に必要ですか?その電力の対価は支払えますか?その電力で何を生み出していますか?

グスクに降り注ぐ太陽によって生み出された電力で、何が生まれ、それは皆の心に届くのか。
途中、ステージ機材水没による交流出力機器の破損に起因する演奏の中断もございましたが、舞台設営に携わる音響、照明スタッフの皆様、会場運営スタッフの皆様のご協力により、最後まで主電源を太陽光発電によるオフグリッドシステムを使用し、フェスが無事に終了しましたこと、御礼申し上げます。
また、ステージ電源トラブルによる全音響システム、一部照明システム停止にもかかわらず、演奏をやめることなく続けていただいたアーティストの皆様に厚く御礼を申し上げます。復電を信じ、最後までステージをあきらめなかった観客の皆様、本当にありがとうございました。会場に足をお運びいただきました皆様に、心より感謝申し上げます。

GUSUKU ROCK FES 2015 アーティスト・スタッフの皆様
GUSUKU ROCK FES 2015 アーティスト・スタッフの皆様
PDF DOWNLOAD

ページトップへ